La Fonte Italian Cooking Studio Perche non vieni astudiare la cucina italiano alla Fonte?

  • ラフォンテの風
  • ラフォンテグルメ日記
  • インスタグラム
  • フェイスブック

レシピ

レシピ

ラフォンテのレシピを少しだけご紹介。

教室ではお料理を習いながら、先生からイタリアで修業してきたお話を聞かせてくれるので、本場の味に近づけますよ!!

トップ > レシピ

2017年夏のレシピ

魚介と緑野菜のゼリー寄せ
Frutti di mare e verdure verde in gelatino

生食用の魚介を緑の野菜と共に夏らしいアンティパストに仕上げました。

レシピを見る

ペストゥム風のコンキリエ
Conchiglie alla Paestum

ナポリの南に位置するギリシャの遺跡ペストゥム。

田園の中に広がる壮大な姿は印象的です。

その地帯は豊富な野菜の産地です。

その郷土料理 夏らしい色合いのオーブンパスタです。

レシピを見る

ラム肉と夏野菜の重ね焼き マルサラソース
agnello e verdure millefirua con salsa marsala

ラムを良く食べるサルデニアのお料理です。ソース無しでも良いのですがマルサラ+バルサミコソースの甘みが合います

レシピを見る

イチジクのコンポートスパイス風味
Composta di fichi al vino rosso

イチジクはとても痛みやすいので、保存にはコンポートをお勧めします。消化酵素が豊富で、最近、健康食品としても注目されています。赤ワイン風味にスパイスを効かせると食後サッパリといただけます。シロップをゼリー仕立てにしても美味しいです。

レシピを見る

2017年春のレシピ

ホタテと白アスパラのグリル
Capesante alla griglia con asparagi bianchi

ベネト州のバッサーノは白アスパラガスの産地です。

春を告げる野菜として、2月~4月に出回ります。

ほろ苦い味がホタテの甘みと相性が良く、卵と共に、伝統的な組合せです。

レシピを見る

クロスターチェのパスタ ベネチィア風
Spaghetti con corstacei al veneciano

イタリア語でクロスターチェと呼ばれる甲殻類の産地として知られているのがベネチアです。

これらを使った伝統なパスタはトマトで仕上げるよりも、タマネギで甘みを加えた白ワイン仕立てのものが多く見られます。今回は春らしく、菜の花を加えました。

レシピを見る

豚肉のスペッツァティーノ トマト風味
Spezzatino di maiale al pomodoro

角切りのお肉を煮込む(スペッツアァティーノ)はイタリアの家庭料理です。

野菜を一緒に煮込むことで、ヘルシーなセコンドになります。

レシピを見る

イチゴのパイ ミルフィーユ風
Sfoglia di fragole al millefoglio

パイ生地はイタリア語で「Pasta sfoglia」パスタスフォーリアと言います。

レシピを見る

2016年秋冬のレシピ

秋刀魚・ハーブポテトのインボルティーニ
Involtini di sanma con patate al erbe

秋刀魚を使ったおもてなし料理です。イワシでも美味しく出来ます。焼く時は表面をカリッとさせて、ポテトに味に吸わせるために高温で焼いてください。

レシピを見る

ピッツァフリット 茸のマリネ添え
Pizza fritto con marinata di fungi

キノコのマリネは作り置きしておけば、アンティパストにサラダに大活躍です。揚げたて熱々ピザと楽しんでください。

レシピを見る

パスタ エ ファジョッリ パッサーティ
Pasta e fagiogli passati

中部〜北イタリアのマンマの味を言えば「パスタエ ファジョッリ」より味が出てパスタとの絡みが良い様に半分をペースト状にしました。豆とパスタの相性を楽しんでください。

レシピを見る

手作りリコッタチーズ キウイのジャム添え
Ricotta fatto a casa con malmelata di kiwi

リコッタチーズ酵素入りのホエーを加熱して作りますが、今回はヨーグルトの乳酸菌を利用して固めたリコッタチーズです。漉したホエーもジュースとして頂けます。キウイのジャムも手軽に出来るので是非作り置きしてみてください。

レシピを見る